十分に自分でも調査する事|失敗させないアパート経営法|過去の事例を把握しておくことが大切

失敗させないアパート経営法|過去の事例を把握しておくことが大切

マンション

十分に自分でも調査する事

会社

一棟貸しは注意する事

アパート経営で失敗する場合には幾つかの事例があります。まず最初に多いのが資金繰りによるものです。これは単にお金が無いという事ではなく、アパートを建てる際に、周辺に大きな工場が有り、単身用のアパートが足りないのでアパートを丸ごと一棟全てを借り受けたいとの申し出があり、約7年程は満室の状態で借入の返済もでき、幾らかのお金も残っていたのですが、不況による工場の合理化で閉鎖となってしまって借り手が居なくなるという事が有りました。直ぐに新しい入居者は見つからず、近所に新築のアパートが出来ており皆そちらの方へ流れていったということです。一棟全てを貸す事は良いのですが、無くなることを全く考えていないの失敗事例になります。本来はリスクを減らす為に三分の一程度にしておくべきです。

毎月の収入が安定する

アパート経営にはリスクは付き物ですが、アパート経営失敗しない為にも、家賃補償等を受けられておいた方が良いと思われます。空室が発生しても家賃は補償されるので、借入の返済も出来ますからこのシステムを利用されて、アパート経営をされている方が増えています。失敗しない為にもこの方式をお勧めします。入居者を確保する為に周辺相場より低く家賃設定をしても、次の入れ替わりの際に中々値上げに踏み込めずに苦労している事例も見られます。このように家賃を下げた時はその先に経年劣化等で修繕する際に、資金繰りが厳しくなる事例も有りますので、長期で家賃保証等をしてくれる管理会社があれば安心ですし、アパート経営失敗しない為にも利用した方が良いでしょう。