資産のシフトを始めよう|失敗させないアパート経営法|過去の事例を把握しておくことが大切

失敗させないアパート経営法|過去の事例を把握しておくことが大切

マンション

資産のシフトを始めよう

外観

インフレがやってきます

国債や預金で運用をしていれば安心という時代は終わりました。なぜならば、これからインフレーションが起きるからです。インフレーションが起きれば物価が上昇します。日用雑貨はもちろん、土地や住宅などの不動産も価格が上がります。一方で、国債や預金など元本が変動しないものは価値が目減りしていくことになります。つまり、お金を銀行に預けっぱなしにしていたり、家の金庫の中に閉まったままにしていると、その資産価値はどんどん下がっていってしまうのです。インフレーションに対応した資産運用をするのであれば、物価上昇と共に、その価格も変動するものに投資をしておく必要があります。投資商品で挙げるとすれば、株式や不動産が適しています。

小さく始めよう

株式投資より不動産投資の方が、安定した収入を継続的に得られる可能性が高いため、中古ワンルームマンション等の収益物件を保有しようと考えている人は多いです。しかし、収益物件を購入するとなると、それなりの資金も必要となり、この必要資金が不動産投資を始めることに対するネックとなっています。もしも、収益物件を購入するための投資資金はあまりないけれども、不動産投資には興味があるというのであれば、上場不動産投資信託を検討してみるとよいです。上場不動産投資信託はオフィスビルやマンション等の収益物件で運用している投資商品です。一口当たり数万円から数十万円程度で購入できるので、少額で投資をはじめたいという人にとって適しています。