失敗させないアパート経営法|過去の事例を把握しておくことが大切

男女

少額から始められます

電卓

中古ワンルームマンションや1棟アパート等の実物不動産を購入して運用をするという方法が最もポピュラーな不動産投資ですが、最近では上場不動産投資信託を保有してインカムゲインを得たり、売買してキャピタルゲインを得る方法も注目されています。

Read

十分に自分でも調査する事

会社

個人でアパート経営をするには厳しい現実が待っていますが、そこに家賃補償等をする会社があれば依頼しておいた方が、アパート経営を失敗するリスクは少なくなります。他にも失敗する事例は幾つも有りますが、業者の勧められるがままにしないで、自分でも勉強されて調べて置く事も必要になります。

Read

リスクの小さい区分投資

マンション

サラリーマン向けの投資法

今は経済状況が不透明な時代です。格差が広がっており、サラリーマンなどを取り巻く環境は厳しくなっています。そのような状況を甘んじて受け入れるのではなく、積極的にアパート経営や投資をすることも必要です。サラリーマンにはリスクの小さい不動産投資が向いています。株や為替の投資は失敗すると一挙に資産を失いますが、不動産投資は資産として物件が手元に残せます。一般的な不動産投資はアパートやマンションの経営などですが、サラリーマンには区分投資というやり方があります。これはマンションの一室を購入して賃貸として貸し出すのです。毎月安定した家賃収入を得られます。部屋を購入する時にローンを組んだ場合でも、家賃収入をローンの返済に充てることができるという特徴があります。

成功する物件の選び方

このようなアパート経営や不動産投資で失敗しないための第一条件は、良い立地の物件を手に入れることです。また、過去の成功事例から学ぶこともいいでしょう。賃貸物件にとって必要不可欠なことは、常に入居者を確保できることです。空室になると家賃収入がゼロになります。良い立地というのは交通のアクセスが良くて、周囲に商業施設があることです。このような部屋を手に入れることができれば、失敗のリスクは小さくなります。また周辺環境をリサーチすることも重要です。入居希望者の多い大学や企業などが近くにあるかどうか、現在あるマンションの入居率はどのくらいかなど、事前にリサーチしてから物件を購入すると失敗は少なくなります。区分マンションの投資が有利なのは、もし失敗しても物件を手元に残せることです。ローンを支払い続ければ自分のものになりますし、売却すれば売却益を手にすることができます。実際に失敗事例は年々少なくなってきています。

資産のシフトを始めよう

外観

インフレーションに備えて、預金や国債など元本が保証される資産の一部を株式や不動産に換えておくとよいです。現在、中古ワンルームマンション等の収益物件を購入して不動産投資を始める人がかなり増えてきています。

Read